トップ&フォローで左肘が曲がる?伸ばすコツと矯正方法

プロのスイングを見てみるとトップやフォローでもしっかりと左肘が伸びてキレイですよね。

自分のチャット画像です。
そうなんです!でもなんで僕は曲がっちゃんですかね。なんか癖があるのかな~

癖というより、肘が曲がってしまうようなスイングをしているんだと思います。スイングのイメージを少し変えるだけで左肘を伸ばしたキレイなスイングをすることができますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

トップで左肘が曲がるとどうなる?

自分のチャット画像です。
トップで左肘が曲がるとどういった影響があるんですか?

左腕は基本的にボールとの距離を測る役割があります。ですので、左肘が曲がってしまうとアドレスで決めたボールとの距離感がおかしくなりトップやダフりといったミスショットが出るようになります。

自分のチャット画像です。
でも、トップで肘が曲がってもインパクト時に伸ばしていれば同じことのような気がするんですが・・・

確かにそう思いますよね。ではトップで肘を曲げてスイングするのと、肘を伸ばしてスイングするのと両方してみてください。違いがわかると思いますよ。

自分のチャット画像です。
肘を曲げるとミスショットが多くなりますけど、飛距離も伸びない気が・・

そう。肘を曲げてしまうと飛距離も伸びないようになります。なんででしょうか?

それは手打ちになっているからなんですね。手打ちについては以前飛距離が出ない?もしかすると手打ちになっているかもでも話しましたよね。肘が曲がってしまうと、ダウンスイング時に肘を戻そうとする意識がありますので、どうしても腕に意識がいって手打ちになってしまうんです。さらに、肘を曲げると腰の回転が不十分でも楽にトップを高く持っていけるんですね。そうなってくると完全な手打ちになってしまいますよね。

自分のチャット画像です。
左肘が曲がってしまう場合はどうすればいいですか?何か直す方法はありませんか?

では、次で説明していきますね。

左肘が曲がる原因は?

トップで左肘が曲がってしまう人は、テークバック時に問題があります。テークバックの時ってどこに注意していますか?

自分のチャット画像です。
僕は、初動を腕からじゃなく、腰から動かすようにしています!

そうですね。まずはそこです。テークバック時に腕から動かしてしまうと左肘は曲がりやすくなります。腰の回転が不十分になって腕だけで持っていくからです。

あとはなにがあると思いますか?

自分のチャット画像です。
え~。手首ですか?

すごい!そうです。手首の角度にも左肘が曲がる原因があるんですね。手首が外側へ曲がっていると肘は曲がりやすくなります。

あとひとつ。わかりますか?

自分のチャット画像です。
ん~。わかりません・・・

最後はトップ時の腕の角度ですね。

トップ時の腕の角度(あるいは上げる高さ)を確認してみてください。後ろに行き過ぎていませんか?トップの理想的な位置は右腕が出前持ち(肘の角度が90度)になっている形です。それが低すぎたり、高すぎたりしていると左肘が曲がる原因にもなりますよ。

トップで左肘を伸ばすには?

原因がわかれば、それを改善していけばいいだけですね。

  • テークバックは腰から回転
  • 手首は外側へ曲げない
  • トップは出前持ち

テークバックの初動は腰からでしたよね。これをしていればOKですよ。

自分のチャット画像です。
え~っと。それでも肘。曲がっちゃうんですけど・・・

ん~。そうですか。もしかすると”肩”が回ってないかもしれませんね。腰でテークバックして、そのあと腕でトップまで持っていこうとしていませんか?

自分のチャット画像です。
違うんですか?

これはイメージなんですが。腰である程度までテークバックし、腰の最大可動域からは腕ではなく”肩”を回転してトップまで持っていくようにしましょう。そうすると自然と肘が曲がらずトップまで持っていくことができますよ。

自分のチャット画像です。
本当だ!イメージ一つ変えるだけでこうも違ってくるんですね!

イメージって大切なんです。

では、次に手首と出前持ちですね。

これはセットで改善できます。トップ時に出前持ちをイメージすると左手の手首は必ず内側へ曲がっていきます。ここで気をつけるのが右腕の角度です。前文でも少し話しましたが、右腕の角度は90度が鉄則です。鉄則は言いすぎかもしれませんが、そのくらい大切ということですね。これさえ意識すれば左肘はほとんど曲がらなくまりますよ。

自分のチャット画像です。
僕は腰の初動と肩の回転をイメージするだけで大分曲がらなくなりました!

大抵はそのイメージだけで曲がらなくなるものなんですよ。

自分のチャット画像です。
あの~フォローでも左肘が曲がるんですが・・・

そうですね。ついでにフォロースルーで左肘が曲がることについても説明しておきましょう。

フォローで左肘が曲がる原因は?

フォロースルーで左肘が曲がる原因は主に3つ。

  • 腕が先導していて、腰先導ではない
  • フォロースルーが目標方向へ向き過ぎている
  • インパクト後のフェースのスクエアを意識しすぎている

まず最初の項目ですが、腕が先導していては当然左肘は曲がってしまいます。試しに腰をまったく動かさず、腕だけでフォロースルーの姿勢を保ってみてください。左肘はどうなっていますか?

自分のチャット画像です。
曲がりますね・・・

そうですよね。次に腰をしっかりと回転させて腰先導でフォロースルーまで持っていってみてください。この時、腰(へそ)を目標方向へ向けるようなイメージでしっかりと回転してくださいね。どうでしょうか。

自分のチャット画像です。
あ。腰を回すと肩が開いて左腕を伸ばすことができます

そうですね。先程よりも左肘は伸びていますよね。もし、これでもまだ左肘が曲がってしまう方は腰と肩に意識してフォローしてみましょう。腕ではなく肩で回転するイメージです。

次にフォロースルーでのヘッドの方向です。右の画像を参考にしてみましょう。フォローでのヘッドの方向はどうなっていますか?

自分のチャット画像です。
目標方向というより左側へ流れていますよね

フォロースルーは目標方向へ向けるのではく、目標方向よりも左側を指すのが正解です。ヘッドが目標方向へ指してしまうとどうしても左肘は曲がってしまいます。なのでフォローの場合はしっかりと左側へ流すことを意識していきましょうね。

最後にフェースの向きです。フェースはスクエアの時間を長くすることによって方向性が安定しますが、フェースのスクエアを意識しすぎてしまうとスムーズなスイングができなくなってしまいます。

試しにフェースをスクエアに保ったままスイングしてみてください。

自分のチャット画像です。
肘を曲げないとスクエアに保てないですね・・・

ゴルフのフェースは開閉が基本です。それを無理に開閉の角度を少なくしてしまうとスムーズなスイングが出来なくなってしまいます。ですので、フェースはしっかりと開閉するように心がけてスイングしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする