ゴルフ|ミート率・スイングスピードをアップさせて飛距離を20ヤード伸ばす!

飛距離を伸ばすためには、2つの要素が必要になってくるのはご存知ですか?まず、ひとつ目が「ミート率」です。

いくらパワーがあるゴルファーでも、ミート率が低ければ、飛距離にロスが生じて、自分より非力なゴルファーに飛距離で負けるといったことが起きてしまいます。

次に、「スイングスピード」です。飛距離とスイングスピードは比例しており、スイングスピードが速ければ速いほど、飛距離というのは伸びていきます。

なら、飛距離を伸ばす方法としては「ミート率」を上げて「スイングスピード」を速くすれば、飛距離というのは、確実に伸びていくようになるんですね。

自分のチャット画像です。
それはわかってますよ!でも、どうやってミート率を上げたり、スイングスピードを速くするかわかんないんですよ

ですよね。

では、今日はそんな悩みを「グリップ」だけで改善していこうと思います。

自分のチャット画像です。
グリップだけ?

そうです。グリップだけです。なんか怪しい感じがしますが、グリップひとつ変えるだけで見違えるほど飛距離が伸びることだってあるんですよ。

スポンサーリンク

飛距離はグリップで変わる

飛距離というのは、先ほどお話した通り「ミート率」と「スイングスピード」で決まってきます。

しかし、アマチュアゴルファーの方は「飛ばしてやろう!」という気持ちが体全体にみなぎってしまい、体が硬直してしまっているんですね。

そうなってしまうと、動きにキレがなくなり、スイングスピードはガクっと落ちちゃうんです。

ミート率も同じ。体が固いということは、正確にヘッドをボールに当てることが難しくなってしまうんですね。

こういった飛距離が伸びない要因を解決してくれるのがグリップなんです。

悪いグリップの握り方

あなたはグリップをどうやって握っていますか?もし近くにクラブがあるなら、いつものように握ってみてください。

どうですか?

もしかして、掌でグリップを握っていたり、両手とも同じ力具合で握っていたり、必要以上にギュッと握っていたりしていませんか?

自分のチャット画像です。
両手とも同じ力で握ってます・・・

もし、こういった握り方をしているのであれば、あなたの飛距離はこれから20~50ヤードは伸びます。

グリップの握る強さ

グリップは、基本的に左手5:右手2くらいの力で握ってください。特に右手はクラブに”添えるだけ”くらいな感じがいいですね。

左手も、半分くらいの握力で十分ですし、慣れてくればもっと軽く握っても大丈夫です。

自分のチャット画像です。
そんなに軽く握ったらクラブ飛んでいくんじゃないですか?

そんなことはありません。

ゴルフのグローブはなぜつけているかご存知ですか?

自分のチャット画像です。
頑張りマメができないように・・・?

確かにそれもありますが、ゴルフのグローブは「軽くクラブを握ってもスッポ抜けないようにするため」なんですよ。

試しに、グローブをしている時としていない時に、人からクラブを引っ張ってもらってみてください。グローブをしていない時はあっさり抜けますが、グローブをしているとなかなか抜けません。

それほど、グローブのグリップ力は強力なんです。

なので、グリップを軽く握っても大丈夫なんですよ。

自分のチャット画像です。
なるほど

グリップを持つ位置

掌を中心としてグリップを持っているなら、それは間違いです。それはなぜかと言うと、握りこぶしをした時に、手の内側で一番圧がかかっている場所ってどこですか?

自分のチャット画像です。
指先!

違います。指の付け根から肉球あたりにもっとも圧がかかっているはずです。

握りこぶしをすると、掌の中心は凹みますよね。その分指先を押し込まないと、圧はかかりません。しかし、指の付け根や肉球あたりはそうではありませんよね。

なので、グリップを握る時は、一番圧がかかる指の付け根付近で握るのがベストなんですね。

圧がかかりやすいということは、軽い力でもしっかり握れるということなんです。

グリップ間違い

グリップ正しい

どうしても強く握ってしまう時の対処法

どうしてもグリップを強く握ってしまうという方には「軍手スイング」をおすすめします。両手に軍手をして、グリップすると自然と強く握ることができなくなってしまい、軽く握る感覚を養うことができるんですね。

グリップを軽く握ることによる効果

グリップを軽く握ることによって、体全体の力が抜け、スムーズに回転できるようになります。そうなってくると、回転のキレが良くなり、自然とスイングスピードが速くなっていきます。

ミート率も同じです。

体が堅くなると、腕はどうしても体から離れていって、正しいスイングプレーンになってくれません。しかし、力が抜けることによって、腕が体の近くを通るようになり、正しいスイングプレーンになります。

そうするとミート率も上がっていくんですね。

なので、飛距離を伸ばしたいと思うのであれば、スイングフォームではなく、グリップ方法から直していくようにしてください。

そうすれば、簡単に飛距離を伸ばすことができ、基本的なスイングが身についていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする