ゴルフスイングで頭を残すプロも取り入れている方法!体の軸はイメージの仕方で変わる!

ゴルフスイングで頭が動くといったクセは、ゴルフ初心者に限らず、中級者のゴルファーでも動いてしまっているゴルファーは珍しくありません。では、なぜ「頭がアドレス時の位置から動かしてはいけない」「頭が残るようにする」っと言われているのか?

頭とゆうのは、コマで例えると取っ手の部分であり、コマの軸と繋がっている部分でもあります。その軸と繋がっている取っ手がブレる、あるいは動くとゆうのは、規則正しい回転ができない事に繋がります。ゴルフスイングも一緒で、頭が動くと軸がブレて、アドレス時の位置で正しく回転する事が出来ずに、回転ではなく、横移動になってしまうんです。

そうならない為にも、「頭は動かさないように」「頭が残るように」っと言われるんですね。ですが、人間の体はコマのように硬くありませんので、頭だけを意識しても頭から下の軸がしっかりしていないと意味がなくなってしまいます。

では、どうすれば正しく頭と体の軸が保てるのか?

スポンサーリンク

 ボールを左目で見るイメージを持つ

まず頭を残す時の注意点なんですが、首や肩に力を入れて無理に頭を残そうとしない事です。首や肩に力が入ってしまうと全体的に力んだスイングになってしまいヘッドスピードが落ちてしまいますし、首に故障が出る場合があります。片山晋呉プロは頭を残すために、ダウンスイングが始動した際、体は左へ旋回しているのに、頭は右に回して強制的に頭を残していましたが、その為に首の故障に悩まされる結果となっています。なので”強制的に残す”のではなく、自然と残るようにしないといけません。

自然と残すには”頭を残す”とゆうイメージは捨てて、”ボールを左目で見る”とゆうイメージを持ってください。「結局一緒じゃない?」と思うかもしれませんが、”頭を残す”と”左目で見る”とでは全く違ってきます。

頭を残し過ぎると肩の回転の邪魔になる

”頭を残す”とイメージするとフィニッシュ時まで頭が残ってしまい、アゴが右肩に当たってしまって肩の回転の妨げになる事があります。ですが、”左目でボールを見る”事で、インパクト時までは頭が残り、フォロー時には少しづつ目標方向へと向いていき、肩の回転の邪魔にはならないようになっていきます。

タイガーウッズのスイングを観ていただけるとわかるのですが、タイガーはインパクトが終わると顔が目標方向へと向いていき、肩の回転がスムーズになり、あの綺麗なフィニッシュフォームになるんですね。

左目でボールを見るイメージとゆうのは石川遼プロも取り入れているイメージでもあります。

左肩を境に壁があるとイメージする

スイング中に体が流れないようにするには、左肩のラインに壁があるようにイメージすると体が横へ流れなくなり、軸を保ったまま回転する事ができるのですが、一つ注意する点があります。その場で回転するイメージを持ってスイングすると、体重が右に寄り過ぎることがありますので、正しくは、左肩に壁があり、その壁から離れないように右足で踏ん張るようにすつ事。

最初のうちは慣れないと思いますが、このイメージで練習すると腰の回転と肩の回転の感覚がわかるようになってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする