ゴルフスイング|腰と手の切り返すタイミングを動画を見ながら説明

今回は腰の回転と、それに同調する腕と手を切り返すタイミングを説明していきたいと思います。ゴルフスイングはコンマ何秒の中にいくつもの大切な要素があり、その一つ一つを確実にしていくことは大変です。しかし、大変ではありますが、イメージの持ち方一つ変えれば、体は自然と動くようになり、アドレスから色々と頭で復習し、テークバック時には次の動作を気に掛け、いざスイングが始まると極わずかなパニック状態になって、良いボールを飛ばすことが出来ない。このような”頭でスイング”するのではなく、”自然と体が動く”ようなスイングを見に付けていきましょう。

スポンサーリンク

腕は速く動かさない

ゴルフスイングは腕を速く振るのではなく、テークバック時から一定のスピードでインパクトまで迎えます。プロのスイングを見ていると、腕の振りが速く感じられるかもしれませんが、実際は腕自体のスピードは遅いんです。速く見えてしまうのは、腰の回転とヘッドを走らせるように工夫をしているから、腕の振りが速く見えてしまっているだけなんですね。

では、どのくらいのスピードで腕を動かせばいいのか?これはその個人によって感じ方が違うと思うので一概には言えないのですが、打つ前に少し素振りするでしょう?軽く振るくらい。基本はその程度が一番イイんです。その腕の振りがあなたにとって一番安定できて、ヘッドを急激に走らせることができる腕のスピードです。

手の切り返しは右太もも付近

フェースをスクエアに持ってくることで必要なのは、腰の回転と手(腕)の切り返しです。初心者の方で一番多いミスはダフる事です。ダフリの原因は、ヘッドが先に下り過ぎていること、それか、アウトサイドインになっているとこ。この2つが大半を占めています。

トップから手が太もも付近に差し掛かるまでは、クラブの角度は基本的に変えてはいけません。そして、手が右太もも付近に接近してきた時に、腰と手を一気に左方向へ切り返していきます。

腰はトップに入った直後には少しずつ左方向へと戻り始めていますが、これは意図的な回転ではなく、ねじれの反動だと思ってください。トップ時解放からいきなり腰回転を意識すると高い確率でスライスしたり、フォームに違和感が残ってしまいます。

基本は切り返しまで、腰はキープを意識する。(意識するだけ。これがタメになる)

切り返しの一瞬だけに力を入れる

ゴルフスイングは緩急が大切です。スイングは終始リラックスした状態が良いのですが、切り返し部分では一瞬力を入れるように意識するとヘッドスピードが上がり、方向性もグッと上がります。

プロゴルファーのスイングを見るとわかると思いますが、切り返しの瞬間にだけすべての動作が瞬時に速くなり、力が入っているのが確認できます。タイガーウッズ自身は「スイングする時は終始リラックスした状態を意識しているが、力を抜くのではなく、力を一定に保つのが大切」「そしてその力は切り返し部分でもっとも必要とする」と話したことがあります。

昔タイガーウッズのスイングを生で見ることができたのですが、タイガーは切り返しの瞬間、表情がかなり力んでいます。表情が力むと言うことは体も力んでいるとゆうこと。スイングは終始リラックス状態をキープするのが基本ではありますが、力を入れるところは入れないと、逆に方向性を失ってしまい、飛距離も伸びなくなってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする