ゴルフ|ショートホールが苦手!でも〇〇を意識すれば攻略できちゃう

ショートホールは距離が短いぶん、グリーンに一発で乗せるチャンスがあり、時にはホールインワンなんてとんでもない事が起きる時もあります。

ですが、見た目以上にショートホールというのは難しく、「ショートホールは苦手」「ショートホールで大叩きした」なんてことをよく耳にするんです。

ゴルフ経験がない人からすれば「なんで短い距離でそんな打つの?」と思われるかもしれませんが・・・これがゴルフの難しいところなんですよ。

今回は、そんなショートホールへの苦手意識をなくす方法(考え方)を紹介していきます。

技術的なものではないのですが、これを意識することによってかなり変わってきますので、どうぞ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ショートホールでやってはいけない事

ショートホールでは、ピンを目視することができ、比較的狙いやすい距離ですよね。ですが、初心者がここでやってしまいがちなミスがあります。

それは「ピンを狙って打ってしまうこと」です。

自分のチャット画像です。
普通ピンを狙いませんか?

そうですね。普通に考えるとピンを狙って打つことは間違っていません。しかし、これは気持ちの問題なんです。

ピンを狙う、まさしく「ピンポイントを狙う」ということになりますよね?

そうすると、どうなりますか?

肩に力が入ったり、いつもよりセットアップに時間がかかったりして、いつものペースとは違うようになってきませんか?

自分のチャット画像です。
確かに・・・飛距離は大したことないから、方向性を重視しようと思っていつもより慎重になってますね・・・

ゴルフは「余裕を持ってスイングする」ことが大切なんです。

ピンをターゲットにすると、本当に針の穴を通すような感覚になってしまい、いつものスイングができなくなってしまいます。

なので、「ピン」ではなく「グリーンのセンター」か「グリーンの広い場所」を狙うようにしましょう。

ショートホールのコースマネジメント

「グリーンのセンターに落とす」「グリーンの広い場所を狙う」と先ほど言いましたが、コースによってはグリーンが狭かった場合があります。

そういった場合は、グリーンではなく、「花道に落とす」という選択肢も必要です。

ショートホールでは「一発で乗せる」という意識が非常に危険で、「一発で乗せてやろう!!」っと思えば思うほど、余計叩いてしまいます。

自分のチャット画像です。
ゴルフクラブを叩きつけそうになる時ありますよね・・・・

そうなってしまうと、その日はスネてオシマイになってしまいます。

そうならない為にも、「ボギーでもいいや」という軽い気持ちで挑むことが必要なんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする