ゴルフ|右足の前で”さばく”とは?動画付きで解りやすく説明します。

ゴルフ初心者が決まって教わることと言えば「クラブは右脚の前でさばく」「右太ももでさばく」「右サイドでさばく」といったことではないでしょうか。

しかし、右側で”さばく”と言われてもピンとこなかったり、感覚がわからないって人も結構いると思います。

なので、今回は画像や動画などを使って解りやすく説明していこうと思います。

スポンサーリンク

”さばく”とは?

右脚の前でさばくとよく言いますが、ここでいうさばくとは、「フェースをスクエアに戻す」あるいは「フェースを閉める」。もしくは、「ダウンスイング時、クラブが水平になっているのをアドレス時のポジションに戻し始めること」を言います。

アドレス時にはフェースはスクエアになっていて、テークバックが始まると徐々にフェースは開いていきます。そして、ダウンスイングになるとフェースは徐々に戻っていき、インパクト時にはスクエアになります。そして最後はフォローでフェースは閉まる。

こういった流れでフェースは動いているんです。

しかし、少しでもスクエアになっているゾーンがインパクト時からズレてしまうと、スライスやフックといったミスショットになってしまいますよね。

そこで、フェースをスクエアに戻すあるいは戻し始める目安として右脚の前でさばく、右太もも付近でさばくといったことがあるんですね。

右脚付近でさばいているのが解りやすい動画がありますのでご覧下さい。

どうでしょうか?

右足付近でフェースがスクエアに戻り始めたり、手に動きがあったりしていますよね。

どのクラブでも切り返すタイミングは大体右足の前か、右太もも付近を目安にしているものなんです。

さばくときのコツ

さばく時のコツですが、右足の前でさばく時は、フェースを意識しながらスイングすると、大体の人はスクエアに戻らず、そのままミスショットになってしまいます。

なので、右足の前でさばく時は、フェースを意識するのではなく、右手の掌がスクエアになるように意識してみてください。

右手の掌というのは、フェースの向きとほぼ一緒になっていて、右手の掌がスクエアになっていると、フェースもスクエアになっているんですね。

なので、右足の前に右手が通過する時は、右手がスクエア状態になっていることを意識するようにしましょう。

さきほど見て頂いた動画を見ればわかると思います。右足の太もも前に右手が来たら、掌はスクエアになっています。

さばく時は、リストターンするのか?

「さばく=フェースを戻す」っということは、リストターンなどを意識してフェースを戻していくのか?っという疑問が生まれます。

動画のプロゴルファーを観る限りではリストターン(手首の返し)を利用していますね。

ですが、これは意識的にリストターンをしているのではなく、無意識になっているんです。結果的にリストターンはしていますが、でも本人の意識下ではしていないんですね。

無意識にリストターンできない時」は?

初心者の方、特に20代後半~30代からゴルフを始めた人というのは、比較的体が固くなっていて、自然と手首の返しができていない時があります。

そういった場合は、意識してリストターンをする必要があります。でも、これはあくまで「リストターンの感覚を得る為にする」ことであって、これから先、ずっと意識してリストターンするのは間違いなので、ここは注意してくださいね。

あと、フェースの返りが遅い場合は、腰が回転していないのが原因かもしれません。

こういった場合はわざとフックを打つといいでしょう。フックを意識すると自然と腰が回転します。これを何回か繰り返したあとに”さばき”を意識して打つと大抵良い球が打てます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする