右手で押す感覚を知る|押す為に必要な3つの事

自分のチャット画像です。
最近聞いたんですが、右手でクラブを押し込むと飛距離って伸びるんですか?

最近よく聞く方法ですね。確かにクラブを右手で押し込むことで飛距離は伸びる可能性がありますよ。

自分のチャット画像です。
でも右手で押し込むってどうゆう事かわからなくて・・・

では今回は右手で押し込むを初心者でもわかりやすく説明していきますね。

スポンサーリンク

右手で押すとは?

「右手で押す」っというのは、インパクト時(あるいはダウンスイング後半あたり)に右手でクラブを押し込んでヘッドスピード上げる。あるいは、ボールを押し込んで飛距離を伸ばす。という事なんですね。

でも、この右手で押し込むっというのは誰でも無意識にしているものなんですよ。

自分のチャット画像です。
えっ。どういうことですか?

とりあえずクラブを持ってスイングしてみましょう。

そして、スイングする時に右手の手のひらに意識を持ってスイングしてみてください。どうですか?少なからず右手の手のひらにクラブの重みが感じられますよね?

もし重みを感じないなら、それはスイングの仕方が少し違うのかもしれません。スイングの仕方については後ほど説明しましょう。

右手で押す動作は基本的に皆さん出来ているのですが、これを更に意識的に右手で押し込み、ヘッドスピードを上げてボールを遠くへ飛ばそうとする方法です。

さて、次に「右手で押す」感覚を知る為の必要な事を説明していきますね。

押す為に必要な事

まず、右手で押す為には3つの事を意識しなければいけません。

  1. タメを作る
  2. 右手はスクエアに
  3. 右手の人差し指をクラブに巻きつける

前文で少し言いましたが(※スイングの仕方が少し違う)、クラブの重みを感じないのはタメが出来ていない証拠です。ダウンスイング時にタメを作りクラブを適度に寝かせていないと右手でクラブの重みを感じにくいんです。

試しに腰のラインくらいからクラブを若干寝かせてスイングしてみてください。右手にクラブの重みが感じるはずです。

その感覚が右手で押す感覚っといっても過言ではないですね。タメについては4つのイメージで簡単にタメを作ることができるを参考にしてみてください。

自分のチャット画像です。
確かに重みを感じるんですが、なんかダフりが多くなったんですが・・

ミスショットが多くなったという事はグリップに問題があるかもしれません。

右手の掌の向きを確認してみましょう。かぶせ気味になっていませんか?右手で押す動作を強めるためには右手の掌はスクエアにしなければいけません。かぶせ気味だと下に押し込む動作が強くなりダフリの原因になります。掌をスクエアにする事でしっかりとボールを目標方向に押し出すようになりますよ。

自分のチャット画像です。
本当だ~

そしてあとひとつ。

右手の人差し指は中指から少し離してグリップしましょう。そうすることで指で押し込む力も加わります。慣れるまで指の内側が痛くなったり疲れやすくなったりしますが、それは力みなどが原因なので慣れてくると自然とできるようになってきます。

押すことで起きるミス

右手で押し込むようにスイングすると先程言った通りにダフる可能性があります。グリップをスクエアにしても多少は起きる現象です。ゴルフのスイングは上から下へ振り下ろす動作なのでどうしても下へのいく力が強くなってしまうんですね。これは本当に練習あるのみです。

もしグリップでも改善されない時は腰の回転が足りないのかもしれません。押す事でヘッドは下へいく力が加わります。その下へいく力を横に持っていくには腰の回転が必要なんですね。

腰の回転で横の力が加われば確実にミスショットが減るでしょう。

押す動作がわかりやすいプロゴルファー

さて、ここでプロのスイングを見てみましょう。押し込む動作が比較的わかりやすいゴルファーがいます。それはフィル・ミケルソンです。

彼はレフティーですので左手に注目ですね。

1分くらいからスローなので、そこから見てみましょう。インパクト前(クラブは平行になるくらいから)から左手で押し込んでいるのがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする