ゴルフに必要な筋肉とは?

ゴルフは走ったりジャンプしたりしないスポーツなので、他の競技と比べると運動量は少ない分類に入ります。ですので、趣味でゴルフをしている人達が「ゴルフの為に筋トレやストレッチを習慣付けている」というのは少ないでしょう。

ですが、運動量が少ないといってもゴルフはスポーツです。スポーツには筋肉が必要になってきますし、柔軟な体も必要になってきます。

もしあなたが「飛距離が伸びない」「方向性が安定しない」といった悩みがあるのであれば、スイングを改善するのではなく、筋トレやストレッチをして体の改善をしてみてはいかがでしょうか。

恐らくスイング自体を改善するよりも即効性があり、安定したパフォーマンスを発揮することができます。

特に40代50代の方は、ストレッチだけでも日常に取り入れるだけで飛距離や方向性が向上し、スコアアップにも繋がるようになるので、この機会にこれから紹介する筋トレ&ストレッチを今日から取り入れてみてください。

スポンサーリンク

ゴルフに必要な筋肉とは?

「スポーツによって必要な筋肉が違ってくる」といったセリフ聞いたことありますよね?

スポーツはその種目によって動きが違ってくるので、必要な筋肉が違ってくるのは当たり前です。ですが、どんなスポーツでも必ず筋トレ&ストレッチメニューに入っているものがあります。

それは・・・裏側の筋トレです。

裏側の筋肉とは、背中・腰・おしり・太もも裏のことをいいます。この4つの筋肉はどんなスポーツでも必要とされ、この裏筋がないと瞬発力や体の粘り強さがなくなると言われています。

もちろんゴルフも同様です。

普段私達が使っている筋肉は主に前側の筋肉。いわゆる前筋です。前筋というのは基本的に「支える・キープする」ための筋肉で、立つ時や歩くとき、前かがみになった時などに使われます。

裏金は、主に「原動力、瞬発力」です。何か重たい物を動かす時には、裏筋がメインとなって原動力を生み、初動するためにも裏金がメインとなるんです。

車で言うなれば、前筋がブレーキで裏金がアクセルみたいなものですね。

ということは、瞬間的な動きが多いゴルフにとっては「裏筋が必要」になってくるんですね。

裏筋のストレッチ&筋トレ方法

まず裏筋のストレッチをして裏筋をほぐしていきましょう。方法は3つ。

  • 壁こすり
  • 肩ひねり
  • 手足上げ

どれも簡単にできて効果がある方法です。筋トレしなくてもストレッチだけでもOK。

筋肉は固くなったままだと本当の力が発揮できませんので、固くなった筋肉をほぐすだけでもすごく効果があるんですね。

では、やり方を説明していきます。

壁こすり

これは本当に簡単。ウチにある壁や柱に背中や腰をこすりつけるだけ。こうすることによって背中の筋肉をほぐすことができます。

ポイントとしては、背骨の右端、左端交互上下にこする感じですね。簡単でしょ。

肩ひねり

肩ストレッチこれも簡単。皆さん一度はやったことありますよね。

右の画像のように右腕を左腕で支えるストレッチです。でもこれだけでは不十分なので、少し工夫します。

この画像の状態から頭は残したままで上半身だけ右を向きます。右手が前を向くように。

次にそのまま前かがみになり、右手が下に引っ張られていくようしてください。そうすると肩甲骨が浮き出る感じになると思います。

ならない人は左手でもっと右手を寄せてみるといいでしょう。

これを左右15秒やるだけで背中の筋肉をほぐすことができます。

四つん這いになって肩甲骨を出し入れするのも効果的ですよ。

手足上げ

これはストレッチと筋トレを兼ね揃えていますのでおすすめです。

ストレッチこれも一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。四つん這いになって右と左足を上げる体操です。

右手を上げる時は、一度右肩を下げて(脱力)から、そのまま上げる感じです。左足も同様、左側のおしり(腰付近)を一度下げてから上げるようにしていきましょう。

これをすることによって裏筋全体のストレッチをすることができ、同時に裏筋全体の筋トレをすることができます。

最初はキツイと思いますが、1週間すれば楽になります。

筋トレ&ストレッチの効果

裏筋をほぐして使えるようにし、筋トレをして裏筋を強化することによって初動が速くなります。さらに可動領域が広がるので楽にスイングすることができます。

初動が速くなるということは飛距離に直結しますし、可動領域が広くなりスイングが楽になるということはフェースコントロールやヘッドコントロールがしやすくなります。

あと健康にもいいですしね。

ゴルフにはあまり強靭な筋肉は必要ありませんが、一般的な筋トレ&ストレッチは必要です。

冒頭にも言いましたが、もしあなたが飛距離や方向性に問題があると思うのであれば、スイングを改善するのではなく、体を改善してみてください。

そうすることで自然とスイングが改善されていき、ラウンドする体力もついてきます。

まさに一石二鳥です。

仕事や付き合いで忙しいと思いますが、ここでやってみましょう。100%後悔しませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする