ゴルフ|利き目を知ろう!スイングに影響する?しない?

人間には利き手があるように、目にも利き目があります。効き目とは手と同じように左右どちらかを主として物を見ることなのですが、基本的に効き目は遠くを見るのに長け、逆の目は近くを見るのに長けていると言われています。さらに、動くものを捉えたり、物体の距離感を掴むのも効き目になるんですね。

では、この利き目。どうやって知ることができるのでしょうか?そして、ゴルフスイングにはどういった影響を与えるのか?

スポンサーリンク

利き目を簡単に調べる

利き目を調べるのは至って簡単。右の画像の様にOKサインを作ります。そして、両目で目標物が中央に来るようにします。両目で見るとOKサインがぼやけていますが、目標物がある程度中央に来ていればOK。

そして、その状態から片方づつ目をつぶっていきます。そうするとどちらかが両目で見た時と同じように目標物が中央に来るはずなので、そっちが利き目ですね。目標物が見えなかったらそっちは逆目です。

では、この利き目。ゴルフスイングではどういった影響があるんでしょうか。

利き目が与える影響

自分のチャット画像です。
ここでは右利きゴルファーでお話しますね

右目が利き目の場合、頭が若干左向き(右目がボールの延長上にある感じ)になります。なので、トップ時に少し窮屈に感じることがあり、肘が曲がったり腰の回転不十分になってしまう可能性があります。さらに、インパクト時にも早めに頭が動いてしまうことがあるんですね。

次に左目が利き目の場合。左目が効き目の場合は頭が若干右向きになりますのでトップ時にはあまり邪魔になりずらく、インパクト時にも頭が残りやすい傾向にあります。

しかし、左目が利き目になると、ボールの左側からボールを見る感じになってしまうので体が流れやすく、スライスが出やすい傾向にあります。

どちらの利き目が良いというのはありませんが、右利きの人は左目が利き目の方が手足の感覚と目の感覚のバランスが取れていてスポーツには向いていると言われています。

利き目の癖を理解してスイングする

たとえ右利きで右目が利き目でも、トップ時に肘や腰の回転に意識を持っていったり、頭が動かないように意識したりすれば改善はできますし、利き目によってプレイに大きく影響シてくるかと言うとそうではありません。なので、「利き目を知って自分の癖を理解する」くらいの感じでいいと思います。

利き目でエッジの見え方が違う?

人間の目は離れていますから、もちろん効き目での見え方が若干違ってきます。

まずこちらが左目が利き目の場合

そしてこちらが右目が利き目の場合

目の中央をセンターにして撮影したものですが、やはり見え方が違ってきますね。エッジを目標方向に対してスクエアにしても実際はスクエアになっていないケースがあるのは利き目の影響の場合もあるんです。

なので、どうしても方向性が安定しない場合は、利き目だけでスクエアを決めると意外とスライスなどのミスショットが減る場合があります。

自分のチャット画像です。
まぁこれは一例で、すべてが影響しているとは限りません。スライスする原因は他にもあります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。