ゴルフ|アドレス時の肩の正しい向き

方向性を安定させる方法として、色々な手法が紹介されていますが、その中でも「目標に向かって肩を向ける」という教えを聞いたことありませんか?

これは結構メジャーな方法であって、色々な人がこれを参考にして実践していると思います。

「肩のラインを目標に向ける」あるいは「左肩を目標に向ける」といった言葉自体間違いではないのですが、これを勘違いして実践している人が結構多いんです。

肩を目標に向けていたり、肩のラインを意識していても方向性があまり安定しないという人は、きっと間違ったやり方をしているんだと思います。

スポンサーリンク

目標に向けるのではない

肩のラインや向きで方向性を決めている人に多いのが「ボールと目標を結んだラインと、肩のラインが並行ではない」という部分です。

ボールと目標を結んだラインと、肩のラインが並行になっていない場合、ひっかけることが多くなり、スライスが多発してしまうことがあります。

例えばこんな感じになっているとNGですね。

無題 (2)

見ての通り、ボールと目標のラインに対して、肩のラインが斜めになっていますよね。これでは、変に肩の回転にブレーキがかかってしまい手打ちになってしまうんです。

なので、肩のラインを合わせる時は、このようにライン同士を並行にすることです。

無題 (3)

そうすると、肩の回転がスムーズになり、方向性も安定するようになってきます。

ラインの出し方がわからない場合

ボールと目標のラインがわからない時は、クラブをボールの手前に置き、そのクラブでボールと目標のラインを出すようにしましょう。

そうすれば、肩のラインも合わせやすくなり、比較的正確にライン同士を並行にすることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする