ゴルフ|なぜボールに当たらない?これを知ると100%当たる!!

ボールが足元にあって、止まっているのに当たらない・・・止まっているボールを打つのって結構難しい・・・っとゴルフを始めた時思いませんでしたか?もしかして今日思ったのでは?

「なんで当たらないんだろう?」「空振りするのが恥ずかしい・・・」そんなあなたの疑問や悩みを少しでも解決して、ボールが当たるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

初心者がありがちな間違いスイング

初心者の方が空振りしたりするのはある共通点があります。それは『ボールを最後まで見ていない』っということです。

初心者はボールが飛ぶ方向へすぐに顔を向ける癖があり、ヘッドがボールに当たる前に顔が目標方向へ向いている場合があるんですね。

なので、ボールがヘッドに当たる音がしてから顔を上げるようにしましょう。それまではボールをしっかりと見ておくようにしてくださいね。

手の位置が膝から遠くなっている

次にアドレスです。アドレスとは簡単に言えばスイングする前の「構え」ですね。アドレスの基本の一つである『手の位置』なのですが、ボールに当たらない原因はここにもあります。

アドレスを作った際にグリップを握っている手の位置が膝・太もも付近から遠いとクラブの軌道が安定せず、腕の振りにもブレが生じます。

なので、アドレス&インパクトの際はできるだけ手の位置を膝・太ももの近くを通すようにしましょう。

右の画像のようにできるだけ手は太ももに近づけ、腕は真下に「ブラーっん」とぶら下げるイメージを持ってくださいね。※アイアンでしたら画像よりも太ももに近づけても良いと思います。

クラブの正しい軌道を知っておこう

ゴルフスイングはクラブ(ヘッド)の軌道が大切です。軌道が間違っているとボールにも当てることが難しくなってきますし、たとえ当たったとしても真っ直ぐ飛ばないボールになってしまいます。

では、どういった軌道を描けば良いのか?

・・・・やはり言葉では説明しずらいので画像を載せます。

これは頭の中でイメージできればあまり意識しなくても自然とできるようになるので、この画像の軌道をよく頭でイメージしてスイングしてみてください。

この画像はヘッドの軌道を線にしたものですが、見てわかるように

ヘッドがボールに当たるのは半径の丁度真ん中です。ここでボールを捕まえることによって空振りがなくなり、真っ直ぐ飛ぶボールを打てるようになります。

スイングは7割~8割の力が鉄則

初心者がいきなりフルスイングすると必ず空振りし、ボールをまともに捕らえることができません。ドライバーなどを持つと遠くへ飛ばしたくなり力が入ってしまいますが、ここは我慢して力を抜いていきましょう。

ドライバーだと大体150ヤード~200ヤードを目標にしてスイングしてみてください。そうすると必ず空振りせず、安定したスイングができるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする