ゴルフ|腰を切り返すタイミングとコツ

ゴルフスイングは、腰の回転で飛距離が違ってきたり、方向性の安定性がだしたりするのですが、初心者にとって腰の使い方は非常に難しい部分ですよね。

口で説明されたり、アマの方からの指導ではイマイチわかりずらいので、今回はプロの動画を使いながら説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

腰の回転を良くするコツ

まずは、腰の回転を良くする為の準備をしましょう。準備といっても道具を使用するわけではないのでご安心を。

当たり前のことなのですが、腰の回転を良くするには準備運動が大切です。腰の準備運動をして腰を柔らかくしていないと、いくら良いイメージやコツを掴んでもなんの意味もありませんし、腰を痛めてしまう可能性があるので十分に準備運動をしてくださいね。

準備運動の仕方

腰の準備運動は、ただ単に腰を曲げたり、ねじったりするだけでは意味がありません。

まず、いつものようにアドレスを作り、左右に大きくスイングしてください。イメージはクラブの遠心力を使って腕と腰が自然と回転する感じです。ポイントは振り子のように左右対称に力を入れることです。

腰の準備運動ですから、クラブの軌道とかは気にしなくて大丈夫ですよ。

次に、トップの形を作り、そこからできるだけ深くフィニッシュの形までもっていってください。そうすると、腰の深いところまでストレッチすることができます。

ここでポイントなのですが、準備運動をする時は、左右の素振りをしましょう。右利きの方は左に持ち直して、逆のスイングをするんです。そうすると左右の腰が均等に柔らかくなり、トップ、フィニッシュ共にスムーズな腰の回転ができるようになります。

腰を切り返すタイミング

腰を切り返すタイミングは、ひとそれぞれ違ってくるのですが、基本は右足に体重が乗り切ったあとに切り返します。右足に体重が乗っていないと腰の回転が鈍くなり、鋭く回転させることができなくなってしまいます。

ここで少しプロの動画を観てみましょう。

動画を観るとわかるのですが、トップで体重が右足に十分乗せてから腰を切り返しているのがわかるはずです。

こうすることにより、パワーを腰に溜めることができ、瞬時に腰の回転を始動することができます。

腰を回転させる時のコツ

初心者の方に多いのですが、腰を回転させているつもりが、『回転』ではなく『横移動』している場合があります。これは『腰がスウェーしている』と言うのですが、腰が回転ではなくスウェーしてしまうと、飛距離が伸びないどころか、ボールがスライスしてしまう原因になってしまい、方向性も安定しないようになってしまいます。

なので、腰はしっかりと「その場」で回転させる必要があります。

腰を「その場」で回転させるには、左の腰骨を後ろに持っていくイメージだったり、左側のお尻を右側のお尻にぶつけるイメージがあります。人によってイメージの仕方が違うので、色々試してみるのもいいと思いますが、一番感覚が掴めるのは、『片方の靴を脱ぐこと』です。

簡単に正しい腰の回転を身に付ける方法

腰がスウェーするとゆうことは、左足の踏ん張りが足りないとゆうことです。これを解決するには、右足の靴だけを脱ぎ、少し左斜めな状態を作ることです。こうすることにより、左足の踏ん張りが効くようになり、自然と「その場」で回転できるようになります。

この手法は、海外でも使われていて、実績がある方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする