ゴルフ|飛距離が出ない理由とヘッドスピードを上げる2つのコツ

ゴルフを始めて間もない初心者の方は、中級者や上級者のゴルファーと比べると、どうしても飛距離に差を感じてしまうことってありますよね。では、なぜ初心者は飛距離が出ないのでしょうか?

スポンサーリンク

飛距離が出ないのは力を入れるから

飛距離が出ない要素としては、芯を捉えていない、クラブのしなりを活かしきれていない、腕の力だけでスイングしているなど、原因は色々ありますが、根本的なところはやはり”遠くへボールを飛ばしてやろう”とゆう意識が強すぎて全体的に体が力んでしまっている所にあります。

スポーツ全体に共通する部分なのですが、体全体が力んでしまうと、体のキレとゆうのはどんどん鈍くなっていき、スムーズに体を動かすことができなくなってしまいます。

クラブに振り回されるくらいリラックスしよう

飛距離を伸ばすとゆう事は、ヘッドスピードを上げることと直結していますよね。ではヘッドスピードを上げるにはどうしたら良いのか?

それにはまず、クラブの重みを感じていないといけないのですが、厳密にはヘッドの重みです。ゴルフの練習用具で先端にウエイトが付いているのがあると思いますが、あれは重みをしっかりと感じさせることによって遠心力を体感できる用具です。

ゴルフスイングは遠心力が飛距離を伸ばすカギとなり、クラブに腕が振り回される感覚を持つと自然と良いスイングフォームになるようになります。

ヘッドスピードを上げる2つのコツ

ヘッドスピードを上げるコツなんですが、一つ目は簡単で、とにかくグリップを軽く握ることです。「そんなの知っているよ」と思うかもしれませんが、これが出来ているゴルファーはあなたが思っている以上に少ないんです。

しかし、ただ単にグリップを軽く握るのではなく、ヘッドの重みを感じるくらいまで軽く握るのがコツです。クラブを自分の胸の高さくらいまで上げて、ヘッドの重みで手首が曲がってしまうか、しまわないかくらいの微妙なところが一番良いグリップ力です。

音が右ではなく、左で鳴らす

これは素振りの時の音なんですが、素振りをすると「ビュンっ」とゆう風を切る音がしますよね。もし、あなたが素振りをして、あなたの右足付近から聴こえ始めているのであれば、それは力み過ぎている証拠です。リラックスし、本当にヘッドが走っているゴルファーは、左足付近で短く「ビュン」と音がなっています。

これはスイングにしっかりと緩急が付いている証拠でもあり、ヘッドスピードのMaxがインパクト時で迎えていることを意味しています。

初心者はボールを打とうとする意識が強すぎて、インパクトする前にヘッドスピードがMaxにきてしまい、インパクト時にはすでに失速していることがあります。ですので、インパクト前より、インパクト後を意識すると、体は勝手に良いスイングフォームになってきますので、インパクト前に意識を集中し過ぎるのはNGです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする