ゴルフスイング|グリップの握る強さは?力んでしまう原因は・・・

ゴルフはリラックスした状態でスイングする事が前提であり、体のどこか一部分でも余分な力が入っていると上手く体が回転しないようになってしまい、不自然で窮屈なスイングになってしまいます。

いきなりですが、ゴルフ経験がまだ浅いゴルファーにとって一番力んでしまう部分ってわかりますか?あなたがゴルフ経験が豊な場合はゴルフを始めた頃を思い出してみてください。

スポンサーリンク

グリップを強く握ると体全体がこわばる

ゴルフ経験が浅いゴルファーはグリップを強く握ってしまう傾向にあります。グリップを強く握るとゆうことは、腕全体にも力が入りますよね。そして、腕に力が入ると肩や胸周辺にも力が入ります。そうすると上半身全体に力が入っている状態になってしまうんです。

体全体に力が入ってしまうと、自然な流れでスイングが出来なくなり、頭(脳)で体を動かすようになってしまいます。ゴルフスイングの一連の流れとゆうのは非常に短時間であり、一瞬です。そんな一瞬な間に色々と頭で考えて、体に指令を送ることは不可能に近いですし、ロボットのような硬い動きになってしまいますよね。

なので、体全体をリラックスさせる為にはまずグリップを軽く握る必要があります。

グリップを軽く握るとどうなるのか?

グリップを軽く握ることで、一体どんなメリットがあるのか?まず体全体の力が程よく抜け、リラックスした状態になり、体のねじれが良くなります。ねじれが良くなるとゆうことは、腰がしっかりと回っているとゆう事になりますよね。

そして、クラブの重みを指で感じることができます。ゴルフスイングはクラブの重みを感じていないとヘッドを走らせる事はできませんし、ヘッドスピードも断然違ってきます。「飛ばしてやろう!!」っと思ってアドレスから力んでいるヘッドスピードと、リラックスしてスイングしたヘッドスピードの差は、かなりあります。(人によっては5m/s近く違うことがあります。)

フェースをコントロールできるようになる

「フェースをコントロールできるようになる」と言うと少し語弊がありますが、フェースを正しくスクエアに持っていきやすくなるっとゆうことです。

もっと詳しく言うと、クラブから伝わるクラブの重みで「今フェースはスクエアに向いている」っと感じとれるようになんですね。これは非常に大切なことで、もしスライスやフックが出た時、修正が効きやすくなります。タイガーウッズも指でクラブの重みを感じて、フェース角度の情報を指で得ていると過去のインタビューで答えていました。

ゴルフスイングは腰や肩、頭など、注意するか所は多いですが、まずグリップを軽く握り、指から伝わる情報をしっかりと得られるようにしましょう。

補足

ここで言っている「指」とは右手の人差し指の事を指しています。(レフティーの方は左手)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。