ゴルフ|右に曲がるスライスの原因と簡単な直し方。

いきなりですが、あなたはゴルフをどういったスポーツだと思っていますか?「真っ直ぐボールを飛ばせばいい」「遠くへ飛ばせばいい」なんて思っていませんか?

ゴルフはいかに少ない打数でホールを回るかで勝負が決まってきます。そしてその打数をいかに少なくさせるかがカギになってきますよね。

そのためには、フェアウェイ(短く刈られた芝)やグリーンをターゲットとして正確にとらえる必要があるんです。

「スライスが直らない」「気を抜くとスライスになってしまう」っと悩んで、スイングの仕方を変えたり、腰やら腕やら手首やら工夫してみたりするのもいいんですが、この機会に『セットアップ』でスライスを直してみませんか?

スライスはセットアップで直る

あなたはテレビなどでプロゴルファーのスイングを見たことありますか?あると答えた人は結構いると思います。

では、プロのセットアップを見たことありますか?・・・シーン

ですよね。

ほとんどの人はセットアップなんて意識してないですよね。

セットアップとは、『ターゲットに対して正確なアドレスを作る準備』です。この準備を怠ってしまうと、どんなに良いスイングをしていてもスライスやフックといった不安定なボールになってしまいます。

スライスが頻繁に出てしまう人は正しいセットアップを行うことによって、劇的に方向性がよくなることが多いので、これを機にセットアップをマスターしてみましょう。

スポンサーリンク

セットアップの仕方

セットアップする時は、まずフェースから合わせていきます。初心者の方を見ていると、スタンスから先に決めてからフェースをターゲットに合わせている人が多いんですが、これだとボールの位置や足の向き、肩の向きなどが正しい方向へ向かなくなる場合があります。

なので、セットアップは必ずフェースから決めていきましょう。

フェースをターゲットに合わせる時

フェースをターゲットに合わせる時は、まずボールの後方へ立ってターゲットとするポイントを見ます。

すると、ボールとポイントが一本のラインで繋がるはずです。(頭の中でイメージする)

ラインが繋がれば、飛球線に対してフェースを直角にセットするだけ。そしてそのあとにスタンスや肩などを合わせていきます。

これをするだけで本当にスライスが直るんです。セットアップしないということはイチかバチかで打っていることと同じ事で、確率は極端に低くなります。

円形のボールにフラットのフェースを合わせるのですから、そう簡単にできるわけありませんよね。

なので必ずセットアップは行ってください。もしかすると今のあなたのスイングは素晴らしいものなのに、フェースが目標に対して直角になっていないだけでスライスしているかもしれません。

もしそうだったら勿体無いですよね。

セットアップに時間をかけてもアドレスに時間はかけるな

少し余談ではありますが、セットアップにはかなり時間をかけても良いです。しかしアドレスを作る時間は極力短くしましょう。

アドレス作りに時間をかけてしまうと、セットアップでせっかく決めたフェースがズレてしまうからなんです。

人間の体は柔らかく、曲がる部分が沢山あるので、それをそのままキープし続けるというのは凄く難しい事なんです。

なのでセットアップを決めたらできるだけ早くアドレスを作ってスイングするようにしてください。

タイガー・ウッズやローリー・マキロイなんかはセットアップに3分くらいかける時もあります。そしてアドレスからスイングまでが非常に短いんです。

それほどセットアップというのは大切なんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする