ディボット跡で上手く打つコツ

ゴルフ場は意外と大きな穴(ディボット跡)があり、そのディボットにボールが入ってしまうことって結構あるんです。

ある程度経験がある人にとっては、あまり影響はないんですが、経験が浅い人にとっては死活問題になってしまいます。

ディボット跡から打つ時、いつもと同じようなスイングでは、高い確率でダフリます。

自分のチャット画像です。
そして手がしびれます

グリーン近くでディボットにハマることも多いので、直でスコアに影響が出たりするんですね。

そうならないためにも、ディボット跡からの打ち方(知識)を覚えていたほうがいいでしょう。

今回紹介する方法は本当に簡単で、すぐに実践で使えるものです。

スポンサーリンク

ディボット跡でダフリやトップになる原因

ボールがディボット跡に入ってしまい、そこからグリーンを狙おうとすると、大抵の人はミスショットになってしまいます。

その原因は、『下が土』というところにあります。

ディボット跡は、土がむき出しになるほど穴が空いていて、土の上でスイングしているのと同じになります。

土の上で練習した人ならわかると思いますが、少しでもヘッドがボールの手前から進入してくると、土の抵抗で勢いがなくなったり、土に当たった衝撃でフェースの向きが変わってしまったりと、色々な問題が発生します。

自分のチャット画像です。
土の上ってかなり難しいですよね!学生の頃はよく土の上で練習させたれてましたけど・・・

では、ディボット跡にボールが入ってしまったら、どうすればいいのか?

ディボット跡からの打ち方

ディボット跡からスイングする時は、ボールを普段より1個~1個半右側に置くようにしましょう。

そうすることで、ヘッドの最下点をズラすことができ、ヘッドが土に当たることなく、ボールを捕まえることができます。

自分のチャット画像です。
簡単ですね!本当にそれだけでいいんですか?

あと、ハーフトップも意識しましょう。

普段より、ボールを右側に置いているので、インパクトするタイミングが若干違ってきます。なので、しっかりとボールの位置を確認し、いつもよりは軽く振る感じがいいですね。

ディボットが深い場合

ディボットがあまりに深い時は、飛距離を意識せず、まずそこから脱出することを第一に考えてください。

なので、本当は6番アイアンのところを7番にしてみたり、フェアウェイウッドのところを6番にしてみたりと、とりあえず、そこから確実に脱出することだけを考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする