方向性を安定させて正確なスイングができるただ1つの方法

ゴルフは「方向性」「正確性」「安定性」の3つが重要とされていますが、私も含めゴルフをしている人にとってこの3つは永遠のテーマとも言えますよね。

最近ゴルフを始めた初心者であれば「真っ直ぐ飛ばない」と悩んだり、ある程度経験を積んだ中級者であれば「日によって正確性がまったく違う」と悩んだり、色々な悩みがあります。

そうやって悩むと、スイングの試行錯誤が始まるんですよね。

ですが、方向性や正確性を求めるあまり、間違った方向へ意識がいってしまうことが多々あります。

たとえば「頭を動かさなければ正確なスイングができる」「力まずに軽くスイングすれば方向性がよくなる」「セットアップに時間をかけると安定性が増す」などです。

どれも間違いではないのですが、方向性や正確性、安定性を求めるのであればある一つの事に着目し、そこを集中的に練習することによって、あなたの今のスイングやスコアは劇的に良くなっていくでしょう。

ショットコントロール=体のバランス

ショットの方向性、正確性というのは「頭」や「腰」「足」など一部の部分ではなく、体全体のボディバランスがカギになってきます。

バランスが悪いということは、体のどこかに「偏りがある」ということ。そしてそれは「回転という動き」にとって非常に悪影響があることなんです。

コマは中央に重心があり、キレイな円形をしています。ですが、重心が中心ではなく、歪な形のコマだったらどうなるでしょう?

きっと回転してもすぐにバランスを崩してどこかへ転がっていきますよね。

ゴルフスイングも同じで、バランスが保たれていない状態でスイングしてもスイングプレーンは崩れますし、ボールはあなたの目標としている場所にもいきません。

たとえ、今のあなたが「ある程度は真っ直ぐ飛ばせるよ」と思っても、バランスが悪い状態から無理やり矯正してスイングしている状態なので、安定性は必ずなくなってきます。

なので、「頭の位置」とか「手首の返しが・・」とか「足を踏ん張る・・」とかではなく、まず正しいボディバランスの取り方を知り、そして正しいボディバランスでスイングすることが上達への最短距離だと思ってください。

バランスなくしてゴルフは語れません。

スポンサーリンク

バランスという難題をクリアする方法

まず、あなたがしっかりとしたバランスでスイングしているかを確認します。

確認する際は、ゴルフ仲間や知り合いに手伝ってもらう必要がありますので確認したいときは誰か連れて行ってくださいね。

では、いつものあなたのアドレスを作ってみてください。そして、誰かに前後左右あらゆるところから軽く押してもらいましょう。

ここで注意する点は、押してもらう時はできるだけ体の上部(肩のライン)を押してもらうことです。

押してもらってバランスが崩れる、あるいは踏ん張れない状態だとするとバランスが悪い証拠です。

次に、フィニッシュの姿勢をキープし、同じように左右前後押してもらいましょう。ここでもバランスが取れないようだとイケません。

「バランスがとれない」とは、押されてフラフラしてしまったり、極端に踏ん張ってバランスをとってしまうことです。

しっかりとバランスがとれていると軽く押されたくらいではびくともしませんので、バランスがとれる位置を探してください。※自分のバランス位置は3分くらいでわかります。

バランスの取り方

バランスをとるには、膝と足の裏が重要になってきます。

膝は内股・極端なガニ股にならないようにしてください。スタンスについては

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする