ゴルフスイング|初心者がスライスする原因とその3つの直し方

ゴルフを始めたばかりの初心者は必ずと言っていいほど、スライスが出ます。しかし、そのスライスしていまう原因が分かっていなければ直しようもなく、中級者からのアドバイスを貰ってもスライスが本当に直る事はありません。

ここでは初心者がスライスになってしまう原因とその解決法を紹介します。

スポンサーリンク

スライスする原因と直し方

まずスライスしてしまう人の大半が、アドレス時からすでにスライスしていまうヘッドの向きになっている事が多くあります。

アドレス時からヘッドの向きがスライスになっていてはどれだけフォームを改善しようと、ボールは必ずスライスしてしまいます。

次に多いのがグリップの握り方です。

グリップの握り方を間違っている、もしくはあなた自身にマッチしていないグリップ方法をしている場合があります。

グリップの握り方一つでボールの軌道や、スイングフォームは劇的に変わるものなのでグリップの握り方には注意しましょう。

最後に体重移動です。ゴルフはアドレス時から頭の位置を変えずに、その場でコマの様に回転することが基本です。

ですが、初心者ゴルファーのほとんどが体重や上半身がインパクトを迎える頃にはかなり左に傾いている場合があります。

これらの事を直すだけで、あなたのスライスボールがかなり改善されます。ではこれからその直し方を説明していきます。

アドレス時の正しいヘッドの向き

アドレス時のヘッドの向きとゆうのは以外とスクエアになっていない人が多くいます。今回は解りやすく説明するために画像を使って説明していきます。

まず下の画像をご覧ください。これはアドレス時からヘッドがスライスになっている状態です。

矢印の方向にボールを飛ばそうとしているのですが、ヘッドの向きがかなりスライス方向へ開いてしまっています。ではヘッドのどこを見れば、フェースがスクエアになっている事を確認できるのか?

それはヘッドフェースの上です

ここで確認することでフェースがボールに対してスクエアになっているか確認していください。この画像は6番アイアンですが、SWだろうとドライバーだろうとフェースを確認するのは同じところです

次の画像はアドレス時にしっかりとフェースがスクエアになっている状態です。

このようにアドレス時からしっかりとボールに対してスクエアになっていればスライスする確率は今よりグッと下がり、真っ直ぐ飛ぶボールを打つことが出来ます。しかしこれだけが原因でスライスしているのであればイイのですが、それでもスライスするのであれば、次はグリップを改善していきましょう。

スライスが直るグリップの握り方

グリップの握り方はそのゴルファーの癖や特徴によって変わってきますが、スライスが頻繁にでるゴルファーはグリップを見直した方が短期間でスライスを直す事ができます。

まずこの画像をご覧ください。

このグリップの握り方の特徴は、右手の掌と、ヘッドのフェースの向きがほぼ同じになるように握っています。この握り方はリストターンを上手くコントロール出来るゴルファーならスライスしたボールは出ないのですが、リストターンが上手くできない初心者ゴルファーにとっては少し難しいグリップの握り方です。

ですのでリストターンを習得できていない人や、リストターンの感覚がわからない人は下の画像のようなグリップのに握り方をしてください。

違いがわかりますか?先ほどの画像より、右手が内側に覆い被さるような感じになっています。このグリップの握り方はスライスになってしまう人にとっては、とても有効なグリップ法です。

最初は慣れていない為、窮屈な感覚を持ってしまいますが、1日このグリップの握り方で練習するとすぐに慣れてスライスが改善されます。しかしここで注意する点が、そのグリップ方法をした途端に、逆にフックがかかるようになることがあります。

しかしそれは腕だけでスイングしているのが原因なので、フックがでてしまったら、しっかりと肩と腰の回転を忘れずに打ってみてくださいね。

体重移動を矯正する

スライスする要因として、体重移動も原因の一つとして上げられます。ゴルフの基本はアドレス時からコマのように回転するのが理想的と言われています。

しかし、初心者の方は「飛ばそう」とゆう気持ちが強い為、インパクト時にはかなり体重が左側に乗っていたり、上半身が左へ傾いてしまたりしています。

その為にヘッドがボールに当たるタイミングが早くなってしまい、フェースがスクエアになる前にインパクトしてしまうので、結果スライスになってしまいます。

そうならない為にも意識してアドレス状態のまま回転する必要があります。ですが、初心者のゴルファーにとってそんなことはすぐにはできませんが、あることを取り入れて練習することにより、そのクセを改善することができます。

それは靴を左足だけ履いて、右足は素足状態でスイングする方法です。この方法の目的は左に体重が乗り過ぎないようにする為と、左足で体重を支える感覚を持つ為の練習方法です。

この練習方法を取り入れると以外と簡単にスライスが直ります。ですが、あまり高低差の激しい靴を履いてしまうとダフる可能性があるので、底の低い靴を利用するといいでしょう。

一見あまり効果が期待できないように思えますが、あなたが思っている以上に効果がありますので、一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする