ゴルフ|初心者のための正しいグリップの握り方と種類

ゴルフにとって、グリップの握り方はもっとも重要なポイントです。握り方ひとつで方向性や飛距離などがまったく違ってきますので、ここでしっかりとグリップの握り方をマスターしてくださいね。

スポンサーリンク

グリップの握り方は3種類

グリップの握り方は3種類あり、手の大きさや握力などによって自分に合ったグリップ方法を選んでいきます。では、3つのグリップ方法を紹介します。

オーバーラッピング・グリップ

  • 握り方

左手を普通に握り、右手の小指を左手の人差し指と中指の中間に上から乗せます。

※左手は掌で握るのではなく、指で握るように軽く握ってください。

  • 特徴

オーバーラッピングは、手の大きい人や、指が長い人にとっては握りやすい方法です。左手が5本の指すべてで握れるので、左腕主導のスイングを行うことができます。プロでも多くのゴルファーが採用していますので、初心者の方にとっては良いかもしれません。

テンフィンガー・グリップ

  • 握り方

バットを握るように、10本の指でグリップします。

  • 特徴

テンフィンガーは、手の小さい人や握力の弱い人が採用しているのですが、最近では滅多に見ません。両手を独立させてしまうと、連動感がなくなってしまい、クラブをコントロールするのが困難になるからです。他にも、10本の指でグリップしているので、余計な力が入りやすいとゆう点もあります。

インターロッキング・グリップ

  • 握り方

左手の人差し指と中指の間に、右手の小指を絡ませてグリップします。

  • 特徴

インターロッキングは、ジャック・二クラウスやタイガーウッズなど、超一流ゴルファーが採用しているグリップ方法です。左右の連動感が非常に高く、両手に一体感が持てる握り方で、余計な力が入らないグリップとも言えます。

初心者の方なら、はじめからインターロッキングを採用していたほうが、後々グッと成長が速くなります。

インターロッキング・グリップのメリット

「ゴルフは左手左腕がメイン」「右手を意識して使ってはいけない」といった事を言っている人をたまに見かけますが、これらは間違いであり、ゴルフは右手右腕を使います。

さらに言えば、右手右腕を意識して使わないと、方向性も飛距離も安定しなくなります。

インターロッキングは、右手主導でスイングすることができるのですが、左手と連結していることによって、両手が一体化し、”右手だけ””左手だけ”といった片寄りがなくなり、バランスの良いスイングができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする