ゴルフ|アームローテーションとリストターンの違い|どっちが安定する?

アームローテーションとは、スイング中に肘を起点として肩、手元を内側へと回転(ローテーション)させ、フェースの返しを手助けする行動を指します。そして、リストターンは手首を起点にフェースを返すこと。どちらも腕を意識してフェースの返しを手助けするわけです。

アームとリスト。どちらが良いというのはありませんし、「そもそも腕や手元を操作してフェースの返しを良くするのは良くないこと。」なんて言う人もいます。確かにゴルフスイングでは腰や肩、足といった大きい部分でコントロールするのが前提です。ですが、一概にアームローテーションやリストターンがNGという訳でもありません。

スポンサーリンク

リストターンのメリット・デメリット

リストターンとは、手首の返しをスイング中に加え、フェースターンを補助することです。人によって手首を返すタイミングは違ってきますが、大体手元が腰のラインを過ぎたくらいに始動します。

※詳しくはリストターンのタイミングを御覧ください。

リストターンのメリットとしては、ヘッドスピードです。リストターンを意図的に加えるとクラブヘッドの重みを感じやすくなるため、自然とヘッドスピードは速くなります。

自分のチャット画像です。
更に、タメを作るのにも一役買っています。

しかし、その代償としてフェースコントロールの精度が落ちます。(大抵はフェースの返りすぎが起きる)手首は他の部分に比べると比較的コントロールしにくい分類に入り、そして疲れやすい部分にもなるので、手首が弱い方にとっては厳しくなる可能性があります。

アームローテーションのメリット・デメリット

アームローテーションは、ダウンスイング時から肩、肘を若干内側にローテーションさせる行動です。

自分のチャット画像です。
脇を締めるイメージといったらわかりやすいかも

肩、肘を一本と意識しローテーションさせるので、リストターンに比べるとフェースコントロールの精度は上がりますし、疲労も若干少なくなります。しかし、肩や肘に意識を持っていきますので、上半身の強張りが出やすく、腰の回転に悪影響を及ばす場合があります。

どちらも意識しても安定しない

アームローテーションとリストターンは、スイング中に意識して行うものではありません。肩、肘、手首の回転やローテーションとは、クラブヘッドの重みや、スイングの遠心力の影響を受け、自然と回転(ローテーション)するものだからです。

初心者の場合は、正しいスイングイメージができていないので、ぎこちないスイングになり、腕や手首が自然と回らないことがあり、中級者でも体が硬ければ、自然と回らないことがあります。

そういった場合は、練習で意図的にアームローテーションやリストターンを加え、感覚を得るのはいいでしょう。しかし、いつも意図的に加えてしまうとスイングは安定しませんし、故障の原因になってきます。

自然とできるようになるには?

まず、自然と腕や手首が返る感覚を感じることです。一番手っ取り早いのは野球のバットを振ることですね。ゴルフクラブはあまりヘッドが重くなっていないので自然と返りにくいですが、野球のバットだと必ず腕や手首にターン(ローテーション)加わります。

一番いいのは先端に重りが付いているゴルフスイング練習道具ですね。Amazonなどで検索すればすぐに出てきます。

自分のチャット画像です。
ゴルフ ダイヤスイングっと検索すれば出てきます。

あとはプロのスイングを見ることですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする