ゴルフ|アドレス時の手(腕)の位置を改善するだけでスイングは良くなる

ゴルフスイングはアドレスの良し悪しによって、そのあとのスイングの質が大きく変わっていき、ボールの方向性や飛距離はアドレス時、すでに決まっていると言っても過言ではありません。「飛距離が伸びない」「真っ直ぐ飛ばない」といった悩みがあるのなら、”動き”のあるスイングよりも”静止”しているアドレスを見直すことをおすすめします。

スポンサーリンク

大切なのはスイングよりアドレス

ゴルフを始めて間もない時は「ボールを飛ばそう」「真っ直ぐ飛ばそう」とゆう気持ちが一番強い時期なので、”動き”のあるスイングに気を取られがちですが、ゴルフ経験が浅い時だからこそ”静止”しているアドレスをしっかりと作り上げていくことが大切です。アドレスとゆうのはスイングと連動していますので、アドレスを作り上げるとゆう事はスイングを作り上げていく事と同じだからです。なので、ゴルフの動きに慣れていない時期には、動かない部分をしっかりと理解して作っていきましょう。

では、正しいアドレスとゆうのは一体どうゆうものなのでしょう。アドレスで意識するところは頭から足まで複数あるのですが、今回は初心者が見逃しがちな”手(腕)の位置”について説明していきたいと思います。

アドレス時の手(腕)の位置とゆうのはテークバック~フォローまで、深く関わる部分ですので、もしあなたが方向性や飛距離に関して悩んでいるのであれば、手(腕)の位置や角度を再確認してみてください。

手(腕)の位置はできるだけ太ももに近づける

アドレスでもっとも基本的な事で、もっとも必要な事はリラックスする事です。アドレス時に余計な力が入ってしまうと、どうしても体全体が浮き上がってしまう(特に肩や腕)ので、まずはアドレスを作ったら肩や腕、太ももの力を抜いてリラックスしてください。

そうすると、手(腕)が自然と太ももに寄ってくるのがわかると思います。腕に力が入ると、どうしても手の位置が太ももから離れてしまい、腕とクラブが一直線に近い状態になってしまいます。腕とクラブが一直線に近い状態になってしまうと、トップ位置からインパクトにかけての腕の道筋が広くなってしまい、正確にアドレス時の腕の位置に持ってこれなくなります。

ですが、手の位置を太もも近くにする事によって、腕の道筋を狭くする事ができ、正確にアドレス時と同じ手の位置に戻しやすいんです。ちょっとわかりにくいですかね?

例えば、ラインがなにもない幅広い道路があって、そこを車で「道路の中央を走ってくれ」って言われると難しいですよね。ですが、幅が狭い道路だったら中央を走らせる事は比較的簡単ですよね。これと一緒で、トップからインパクトにかけての腕の通り道を狭くすることによって、正確にヘッドをボールに当てることができるんです。

その為には、アドレス時には手の位置を太ももに近づけ、道幅を狭くしやるんですね。ですが、あまり太ももに近すぎてもいけません。正しい手の位置とゆうのは、クラブを持たずにアドレスを作った時、肩と腕をリラックスさせて、ダラリっと腕を下にぶら下げた時の手の位置(腕の角度)が理想的です。

あまり感覚的にわからなければ、腕をやや真下に向けるようにすると良いでしょう。手の位置を意識しただけで、ボールの方向性が安定したとゆうゴルファーは沢山いますので、もう一度あなたのアドレスを見なおしてみてください。もしかすると劇的に変わるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする